読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反動

今日ほんときもちの反動やばーい笑

 

泣いてすっきりしたんかなぁ

顔ぱんぱんだけど笑

 

頭おかしいって認めてから楽だ

っていうのは

あんまり自分のこと

わかってもらえることがなかったから

わかってもらおうとすることを諦めたの

正しくなくても、良い。

ただ、正しくない方が良い、とは思ってない。

 

 

そしたら

別にわかってもらえなくてもいいから

好きな事

楽しい事

言ったり、したり、選ぼうってなった

 

そしてそういうことってすごくナチュラルに

とんとんとんって進んでいく

不思議だなあ。

 

どんなに頑張ってなんとかしようとした時より遥かに

楽に

自分の欲望に忠実に

進んでいくから

なんでー笑

ってなる

 

そして今わたしの頭の中はきらきらしている

妄想が渦巻いて

ところどころでできるかわからないけど

イデアがフラッシュのように光るし

言葉が音楽のように溢れていくさ

 

そこに

誰かが存在するかというと

まあ沢山のひとがでてくるけど

できる限りひとりになって

意識を独占する感じ

思いついたものを否定せずに書いてみて

もう一度誰かを頭の中によんだ時

それが鈍るかどうか試したり

直感でいいね!っておもったことは

ほんとにわたしだけのものにして

だれにもあげない。

見せない。

それはほんのすこしさみしいし、孤独なんだけれど

うきうきしてる、わくわくしてる

から、形になるまではわたしだけが大事にしようかなって思う

 

それと、自然のちかくで暮らしたい。

一番自由だし。

夏とかは虫が大変かもしれないけど

空気が綺麗

なところで

生きていたいな

 

 

自分の意見をいうことって

自分の世界に相手を招くことだから

緊張してたり

信頼してないと

言えないよね

だって

いっこしかない自分の世界をめちゃくちゃにされたくないもん

めちゃくちゃしてるのは自分でもあるんだけど

できるだけ大事に扱ってくれる人といたいよね

だから

小出しに相手の反応みたり

時間をかけて

見極めなきゃなあと思う

 

人を見る目がない、と言ったけど

そもそも傷つきたくなくて都合のいい関係ばっかりだったんだから

そりゃあある訳はないわ笑

 

ないない。

 

でも

騙されたくないから、傷つきたくないから

人を見る目がほしいのかな

 

そうじゃなくって

自分をほんとに大事に

愛してくれるひとを見つける為に

あるのかもしれないな、と思ったら

 

いそがなくていい気がしてきた

いつか見つかったらその時に

あ、わたしもいいご縁あったんだな、って思えばいっかあ〜と思った