読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんなのかなあ

 

自分の意見をいうこと、が悪い事だと思ってませんか?

 

と言われてなぜがぎくりとした。

 

 

悪い事とは思ってないけど

間違ってたらやだな、と思う時は沢山ある。

 

 

間違ったら責められるし、反対されるし、嫌われる、

そのループでなんか嫌だった。

思い込みなんだけど。

 

 

たぶんわたしはまだ

自分と違うことを受け入れられないのかもしれない。

自分の中での哲学は揺るがない。

それと違うこと=間違い

それってわたしにとって否定されてるように感じてしまうんだろうな。

 

 

特に考えてることっていうのは

常日頃ずっと側にあるものだし

考え=自分だ

だから、時間をかけて持ち続けているものに

バツを付けられるとほんとに苦しい

間違ったら恥ずかしい

自分では価値がある宝石だと思ってるものが

ある日突然誰かにそれはゴミだ。といわれるんだからほんとに恥ずかしい

 

 

だからよっぽど信頼できるひとにじゃないと

思ってる核心は言えない。

みすみす大事なものを傷つけられにはいけない。

自分としても嫌いな人が増えるだけだし

そう考えると、相手の望むような回答や

対応で当たり障りなくやる方が楽だった

嫌われないことが最優先事項。

 

 

でも

わたしが

違うこと、をゆるせたら

間違いを恥と思わず受け入れたら

誰になんと言われようと宝石だと言い張れる自信があれば

たぶん自分も自分のことをどんどん許せるのかなとか

できたら、そうありたいな。とか

 

 

もちろんあからさまに傷つけてくる予定のひとには

完璧に距離を置くけど

たぶん、そんなに悪いひとは私の周りに多くない。

というか、ほぼいない。と思ってる。

やりたくない、ということを拒否してもおしつけてきたり

家族や友人に危害を加えたり

わかりやすい悪口や妨害とか

騙す気満々とか

そういうのは恐らく今後出会うとしたら、ファクターが私の中にもある事故なんだろうなと思う。

 

 

 

正直言いたいことなんかあんまりないし笑

好きなひとに毎日好きです、って言えたらそれで今はだいぶいいなあ。

言いたいこと言えてないのはそれくらいだよなあ。