雨に寄す

 

 

たまあに変な事が起きる。

 

 

 

 

好きな人の事を考えていると

 

 

 

1

 

 

 

という名前のLINEから友達追加が来たり。

(どうせなら16とかならいいのにな笑)

 

 

 

 

 

紹介してもらった人の苗字が同じだったり

 

 

 

 

 

明日成田に向かう電車の出発時間があの人の誕生日だったり

 

 

 

 

 

無意識なのかなんなのか

そういう事が起きてしまう。

書いていて

ほとほと気持ち悪いなわたしは。笑

 

 

 

 

 

でも、そんなものなんだろうな、

たかが恋

されど恋

さっさとうまくいけばいいものを

そうは問屋がおろさない。

 

 

 

 

 

なんてことはないのに

とにかく

繋がっていたいと未練がましく覚えてる限りに縋り付いてる

 

 

 

 

それでも叶うことはきっとない、って

誰かに言われたけど

じゃあ手放したら手放したで手に入るなんて

そんなものなのかな。

正直言葉は悪くて申し訳ないけど

黙れ、と思った。

顔は笑ってるんだから、私は本当にいやな奴だな。

 

 

 

 

 

単純に雨で足が冷えて

初めて泊めてもらった帰りの道を思い出して

そんな時分に

twisted maple treeなんかが流れるから

こんな風に

忘れられないのを誰かのせいにしたくって

ももう嫌だ、と

違う人の手を触る気なんて毛頭無く。

だけど

この気持ちをそのまま本人にぶつける勇気はない

これ以上嫌われてしまうことなんかできやしない。

勝手に幸せになっててくれればいい、と思うけど

風の噂で聞くのは癪だから

遠いところに行ってしまおうなんて

なんて陳腐で子供騙しのようなかわし方なんだろう

 

 

 

 

 

言っても勝手に傷つくのに

言わなければまた勝手に傷つくし

 

 

 

 

 

こんな相手のリアクションありきの片思いってなんなんだ。

会いたいなあ。

話したい。何時間一緒にいても飽きないひと。

 

 

 

 

 

 

とりあえず明日から沖縄だから風邪ひかないように寝よう。

 

 

広告を非表示にする