beautiful

 

あなたは

 

 

 

 

寂しい

悲しい

から

綺麗なのだよ、というひと

に初めて出会って

 

 

 

 

 

声が詰まってしまった。

 

 

 

 

 

だとしたら

この気持ち(                                   。)は間違ってないのか。

 

 

 

 

 

現実も幻想もまぜこぜ

どっちがどっちがわからないまま

消えて行きたいと願ってるでしょ、なんて

 

 

 

 

 

本人にもわかりたくないことを聞かないでください。

 

 

 

 

 

あなたの言葉は

全部

さみしい

愛されたい

代弁なだけなのだから(だから嘘ってよく言われるのか)

もう言葉を増やすのやめなさいって

さみしいこと

悲しいこと

探すのやめなさいって

 

 

 

 

 

でも。

完璧に埋まってる感覚こそが異常事態だから

何か欠落感が欲しくって

わたし

さみしい感覚

あのライラックみたいな

夕陽が紫に交じる

夏から秋にかけて匂いが変わる日。

お花の花びらが少しよれてしまったのを見つけた時

 

 

 

 

 

そんな、

涙はでないのに

胸のあたりは大きく息をしなければ窮屈な

ため息を言葉の代わりに出すとき

お父さんが苦しい顔をした時がフラッシュバックする

 

 

 

 

 

いくらでも

悲しい

せつない

さみしい

そんな思い出を掻き集めて一瞬の感情を極限まで

凝縮して固めたような。

いくらでも

揶揄できてしまう。

 

 

 

 

 

 

そうやって

わたしの美しさは成り立ってるようです。

 

広告を非表示にする