こわいきもち

現実が近づいてきて

とても怖くなってる。

 

 

車は運転できるのか

お金間に合うのか

ひとりで生きていけるのか

寂しくて死なないか

 

 

でも、なんとかする。

から

なんとかしようと思う。

 

 

ひとりだけど

ひとりじゃない

 

 

いちばん怖いことは

自分はひとりだ、と思い込むことで

それが本当にそう見えてきてしまうこと

 

 

それを超えたら

ひとりを

超えたら

わたしはきっと大丈夫。

 

 

超えるし。

 

 

だめだったら、

泣こう

わめこう

でも

がんばろう。

 

 

負けない

勝たない

ただ、生きるってことの素晴らしさを知ろう。

それがいいと思う。

だいじなひと

本気の相手には

幸せになってほしい。

 

 

だから

自分が

まだ未熟だったり

一緒にいてあげられなかったり

なんかよくわからないけど

相手を喜ばせてあげられないなって

思ったら

 

 

身を引くんだと思う。

 

 

引かれた方は

最初はわからない

ただ哀しい。

潰れてしまいそうなくらい

 

 

だけど

それに気づけた時に改めて

本当にあの人を好きになってよかった、と思える。

勘違いでもいいから、そういうことにしてる。

 

 

なにを捨ててもわたしは

一緒にいたい、と思ってたけど

きっとそういう風には見え(せ)てなかったと思うし。

 

 

あのひとがいたら

親も

仕事も

家も

全部

捨てても

側にいたい、と

思ってたけど

 

 

きっと

わたしにとってそれは

幸せじゃない、って思ったんだろうなあ。

 

 

すべて捨てても

傷ついても

それでも一緒にいたいと思うものと

 

 

すべて捨てさせても

傷つけても

それでも一緒にいてほしいと思うものは

 

 

どっちが本物の、真実の愛なんだろう。

 

 

しょうもない縁のひとつも。

なにひとつ捨てられないわたしをわかってくれてたんだろうなぁ。

 

 

ましてや親なんか捨てられるわけない。

 

 

弱くて

自分が大好きで

傷付きやすい

そんなところを守ってもらったと思ってる。

 

 

 

優しい、ひどい、あのひと。

最後に一目お会いできたなら。

 

運命の恋と 現実の恋

運命の、とつけるとやたら

理想や、夢や、なんかふわっとした、そんなものに見えてしまうけど。

 

 

 

 

運命=現実

なのかもしれない。

 

 

 

 

こうなる運命だった、

というのは

もう見えている事実、つまり現実を指して述べるのであって

そこにドラマティックさを表したいが故に、

運命の。

っていうのをつけるのかもしれないなって。

 

 

 

わたしは永遠はないと、そう思ってるから。

だから

ひと時の心の向かう方向を疑わずに行ってしまう。

 

 

 

 

ただ。

現実をドラマティック、ロマンティックにしたい気持ちは往々にしてある。

それはもはや、実生活の中に生まれた余裕の中での演出にすぎないかもしれない。

 

 

 

だとしたら

運命、を謳歌するのは非常に簡単で

現実を自分で行動して作っていけばいい。

 

そんな作為的なものが運命と呼べるか、というひとはそう思ってるんだから、このブログを読まずに自分の考えをノートにでも書いててください。

 

予期できない、思いもよらないことが運命だというならば

それは

一種の諦めと

もうひとつは、揺るがないつよさ

なんだと思う。

 

 

 

 

わたしは

富と名声と名誉と愛を全て手に入れられる運命だと聞いた。

 

 

 

その実感はあんまりないけど

そうなら、そういう風に動いていくと思うので、

結局、現実=運命

なんだと思うんだ。

 

 

 

dear destiny

 

how's going these day

it's still hard hot weather also fuckin midy every day.

but hope you are well.

 

 

then, i'm at starbacks coffee on akasaka biz tower at 2 pm.

 

 

i've already have your schedule, but please pretend to be a destiny.

 

 

i know you're bit nervous. it's ok.

i wait for you.

 

 

thank you for everytime.

foward to meet you later.

 

 

love you, daring.

 

 

 

Yuko.

お礼

わかってしまったことは、

 

 

 

大事に思ってはくれていたんだろうなってこと。 

 

 

 

私の。

20代の大事な時期を、考えてくれたってこと。

嫌われるのが嫌いなのに、悪役を買ってでてくれたこと。

でも

何を捨てても、とは思ってくれてなかったこと。

 

 

結局わたしは31歳で結婚すると思うけど、

 

 

いまのひとだって

好きになる曲だって

なんにしたって

あの人を好きになったことがいろんなことのはじまりだった

 

 

から、

結局しあわせにしてもらったと、そう思ってる。

 

 

出会わなければよかったと、思う事が多かったけど

出会えて本当によかった。

たからもののようなひと。

だから、いつまでもしあわせでいてほしい。

 

 

わたしは

いまとってもしあわせです。

ありがとう。

っていつか言えたらいいな。

 f:id:realme6:20170812032943j:image

好きになってよかった。

 

男性不信はあってよかった。

自分を大事に大事にしてくれるひとと出会うために必要だった。んだ、ってわかった。

 

 

ありえないくらい、大事にしてくれるひと

自分を大事にしてたらくる、っていうこと

よくわかった。

 

 

言いたい事もいって

やりたい事もやって

それを見て、いいね👍って言ってくれて

わたしの考えをよく聞いてくれて

そういう気持ちを大事にしてくれて

なんか、

こういう事だったんだあ。って思う。

 

 

この時の為に、今までがあったのかもしれない。

って本当に思えてる。

それが続いていくだけなのかなあって。

 

 

あの両親のもとに生まれたのは必然なんだって。

こんな幸せがあるのなら、

全部その為に、準備をする為にあったんだと。

なんかそう思えた。

マルをつける。

背が低い

足が短い

左目が奥二重

出っ歯

太い

かまってちゃん

頑固

怖がり

被害妄想やばい

すぐ傷付く

悲劇のヒロイン

人と比べる

嫉妬深い

自信がない

批評家

意外にうじうじする

見た目が9割

辛辣

人を見下す

落ち込みやすい

見栄っ張り

短気 

 

だが。

 

 

 

それでもマルをしよう。